ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!

ニシカズのゲス戦略日記

旅人ゲス仮想通貨投資家エバンジェリスト

 

冷静に暗号資産(仮想通貨)相場を見ることのススメ。2017年カリスマ仮想通貨ブロガーのマナ氏の言葉を見て考えよう。

f:id:nishinokazu:20180817174303p:plain

冷静に暗号資産(仮想通貨)相場を見ることのススメ。

2017年カリスマ仮想通貨ブロガーのマナ氏の言葉を見て考えよう。

仮想通貨の相場から離れてもうすぐ2ケ月だが、「あの時相場から逃げて良かった」と心底思ってる。

私がNEM利確した時から半額落ち、ビットコインはアルトコインからの換金でなんとか保ってるが勢いはない。

もしガチホしてたらこの2カ月間で今頃メンタルが完全に壊れてたんじゃないかと思う。

,,,

冷静になった今、仮想通貨にはビットコインとイーサリアム以外(ギリギリビットコインキャッシュも)に大きな魅力は感じない。

仮想通貨相場から撤退して2ケ月後に感じていること | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ より

 

,,,

 

2017年、2018年前期、おそらく日本で最も読まれたであろう、超人気の仮想通貨ブログ、「貯金1000万円を仮想通貨に換えた男」、その著者マナ氏。

そのマナ氏が暗号資産(仮想通貨)投資から完全撤退したのが約2ヶ月前。

仮想通貨相場からはしばらく撤退します

そして完全撤退してから約2ヶ月たち、マナ氏がいま感じてる事が冒頭に書いた感じ。

 

,,,

 

暗号資産(仮想通貨)の世界にいると、こーいった言葉をよく聞くよね?聞いたよね?

「仮想通貨が世界を変える!」

「仮想通貨が決済を変える!」

「このトークンがこの分野で使われ世界を変える!」

、、、ま、最近は聞かなくなったか、相場も落ち込んだし。笑

 

で、そーいった言葉を横目に、オレ氏はこーいったことをずっと言ってる。

「仮想通貨は使われない」

「価格が変動するモノが、決済に使われる未来を想像できない。」

「誰がそのトークン使うんだよ。」

つまり、仮想通貨が大きく世の中を変えることについては懐疑的。

 

ただね、やっぱり仮想通貨(暗号資産)の世界や投資に熱中してしまっている人は、冷静に見るってことが難しくなってるんだよね。

ツイッターやテレグラムで「すげーすげー」「これは世界を変える」ってみんなが言ってる世界にいると、それにつられちゃったりもする。

 

相場が冷めてるいま、いちど冷静になって暗号資産(仮想通貨)投資について考えてみるのは、ちょうどいい機会かもよ。

 

「その仮想通貨、本当に使われる?
仮想通貨を知らないあなたの友達が、その仮想通貨を使う未来が見える?」

「そのトークンの価値(価格)が上がる理由はなに?
トークンが使われるってことと、価格が上がるってことはイコールじゃないのでは?」

「今の生活で仮想通貨を使ってる?
仮想通貨好きのあなたでさえ使ってない仮想通貨、本当に使われるの?」

 

、、、全ての暗号資産(仮想通貨)がダメだとは思ってないよ。

ただね、冷静になって考えることも必要だよね。

 

,,,

 

ってわけで、

冷静に暗号資産(仮想通貨)相場を見ることのススメ。

2017年カリスマ仮想通貨ブロガーのマナ氏の言葉を見て考えよう。

仮想通貨の相場から離れてもうすぐ2ケ月だが、「あの時相場から逃げて良かった」と心底思ってる。

私がNEM利確した時から半額落ち、ビットコインはアルトコインからの換金でなんとか保ってるが勢いはない。

もしガチホしてたらこの2カ月間で今頃メンタルが完全に壊れてたんじゃないかと思う。

,,,

冷静になった今、仮想通貨にはビットコインとイーサリアム以外(ギリギリビットコインキャッシュも)に大きな魅力は感じない。

仮想通貨相場から撤退して2ケ月後に感じていること | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ より

 

 

ちゃお☆

 

あまりにも露出が多かったり、ブログなどで紹介されてるICOトークンは、 売り圧が大きい可能性が高いから気をつけるべし!

f:id:nishinokazu:20180816165134p:plain

もし誰かがブログでICOやトークンを紹介してたら、

その人はガッツリとトークン報酬をもらってる可能性もある。

そしてそーいったプロジェクトは、他の人や取引所やアフィリエイトなどにも、そのトークンをばらまいてる可能性もある。

つまり、あまりにも露出が多かったり、ブログなどで紹介されてるICOトークンは、

売り圧が大きい可能性が高いから気をつけるべし!

 

,,,

 

ってわけで、昨日ツイッターのダイレクトメッセージで、

某トークン・プロジェクトから、いきなりこんなメッセージが来た。

f:id:nishinokazu:20180816165210p:plain

たった1記事書けば、100万円(ぶんのトークン)の報酬!

 

、、、 ちなみに、このことを自慢したいわけじゃないよ。

じゃあ何が言いたいのかと言うと、

まぁ冒頭に書いた通り、こんな感じ。

 

もし誰かがブログでICOやトークンを紹介してたら、

その人はガッツリとトークン報酬をもらってる可能性もある。

そしてそーいったプロジェクトは、他の人や取引所やアフィリエイトなどにも、そのトークンをばらまいてる可能性もある。

つまり、あまりにも露出が多かったり、ブログなどで紹介されてるICOトークンは、

売り圧が大きい可能性が高いから気をつけるべし!

 

つまり例えば、

とあるプロジェクトが100億うんこトークンを、無から100億発行する。

そして”報酬”と言って、運営はそのうんこトークンのマーケティングの為に合計50億うんこトークンを無償で配る。

すると、うんこトークンをもらった人が宣伝したり、うんこトークンを無料でもらった取引所が上場したりして話題になる。

うんこトークンが1円の値段をつける。

すると、無償配布した50億うんこトークン(50億円)と、運営が保持してる50億うんこトークン(50億円)、あわせて100億円の売り圧力があるとこになる。

 

、、、ま、当たり前のことで当然すぎる話しだよね。

暗号資産トークンってのは、ほんとどの場合その価値の保証に何の裏付けもなく、運営が”無”から好きなだけ発行できるものだからね。

 

けど、熱くなりすぎてて「このトークンはすごい!」って盲目になってると、ついついそーいったことに頭が回らなくなる。

手を出す前に、もう一度こーいったことを考えるべし。

 

 

ちゃお☆

 

ネーミングの重用性!金融庁、仮想通貨を「暗号資産」と表現!グッジョブ!

f:id:nishinokazu:20180815175307p:plain

ネーミングの重用性!

金融庁、仮想通貨を「暗号資産」と表現!

グッジョブ!

 

 ,,,

 

ネーミングってすごくすごく大切。

その大切さがわかる例は、たとえばコレ!

 

発売当初のネーミング
「三陰交をあたためるソックス」

新ネーミング
「まるでこたつソックス」

 

「三陰交をあたためるソックス」

f:id:nishinokazu:20180815173323j:plain

 

「まるでこたつソックス」 

f:id:nishinokazu:20180815174237j:plain

 

このソックス、発売当初のネーミング「三陰交をあたためるソックス」の頃は、売れ行きが伸びなくてかなり苦戦してたみたい。

で、中身はそのままだけど、商品名を「まるでこたつソックス」に変更しただけで、東急ハンズやLOFTで注目商品となって大ヒットに。

 

ま、つまり、

ネーミングでその商品やそのモノのイメージが大きく変わるし、

そうなれば社会へのインパクトも大きく変わる可能性もある。

 

,,,

 

んで、先日、

金融庁の、仮想通貨交換業者などの検査・モニタリング中間とりまとめ報告の文章の言葉で、

仮想通貨を「暗号資産」と表現。

 

つまり金融庁は、おそらくこれから「仮想通貨」のことを「暗号資産」という言葉を使っていくってことね。

で、これによって、他の日本の人たちもこれから「仮想通貨」という言葉の代わりに「暗号資産」という言葉を徐々に使っていく。

 

すると、仮想通貨の認識はこう変わる。

仮想通貨(仮想の通貨)ではなく、暗号資産(暗号化された資産)

 

このインパクトは大きい!

人々は、ビットコインなどの仮想通貨は、仮想通貨(仮想の通貨)ではなく、暗号資産(暗号化された資産)って考えるようになってくるからね。

 

,,,

 

ってわけで、

ネーミングの重用性!

金融庁、仮想通貨を「暗号資産」と表現!

グッジョブ!

 

 

ちゃお☆

 

時価総額上位のアルトコイン(ビットコイン含)、 最高価格からの下落率を見てみると、、、「ヤバイだろ」

f:id:nishinokazu:20180814173541p:plain

時価総額上位20位のアルトコイン(ビットコイン含)

最高価格からの下落率を見てみると、、、

f:id:nishinokazu:20180814165714j:plain

https://onchainfx.com より

-69% Bticoin

-80% Ethereum

-93% XRP

-88% Bitcoin Cash

-76% Stellar Lumens

-80% EOS

-85% Litcoin

-92% Cardano

-82% Monero

-93% Tron

-92% Iota

-74% Ethereum Classic

-91% Dash

-92% Neo

-53% Binance Coin

-95% NEM

-89% Tezos

-88% Ontology

-85% ZCash

-87% OmiseGO

 

、、、ヤバイだろ。笑

 

,,,

 

最高価格からほぼすべのアルトコイン(ビットコイン含)約80%以上も下落してる。

 

けどその中でも踏ん張ってるのが、

-53% Binance Coin

-69% Bticoin

-74% Ethereum Classic

-76% Stellar Lumens

 

下落率が低いこれらの暗号資産(仮想通貨)、その理由はわからなくもない。

  • トークン設計がうまくできていて証券的な価値がる(Binance Con)
  • 実際の実需要があったり価値の保存用途としての需要がある(Bitcoin)
  • 実際に使われるチェーンの一つになっていく可能性が高い(Stellar Lumens)
  • 世界最高峰の取引所、コインベースさんに上場(Ethereum Classic)

 

 

逆に、最高値からの下落率が高い暗号資産(仮想通貨)

その理由はこの2つのどちらか。

  1. そもそも最高価格が高くなりすぎただけ
  2. 実際は、なんの利用価値もないニセモノ仮想通貨

さて、その暗号資産(仮想通貨)、本物かニセモノか、どっちかな??笑

 

ま、何にせよこの下落率はヤバイだろ、特に上の方で掴んでしまった人にとっては。

、、、けど、古参の方などがよーやく心が少し折れてきてるぐらいの状態だから、まだ底じゃないかも(´;ω;`) 

 

 

ちゃお☆

 

超小資本(10万円ぐらい)から、暗号資産(仮想通貨)投資で、”億り人”になるたった1つの方法。

f:id:nishinokazu:20180813173743p:plain

超小資本(10万円ぐらい)から、

暗号資産(仮想通貨)投資で、

”億り人”になるたった1つの方法はコレ!

 

このブログを読んで、実践すべし!

 → 桃的安全大儲取引修行法 – 桃ちゃんのブログ(仮)

 

、、、

 

ま、以前にもブログに書いたかもしれないけど、ふと思い出したからブログ書いてる。

この方法は本当に共感するというか、個人的にも完全にオススメ。

 

超小資本(10万円ぐらい)から、暗号資産(仮想通貨)投資で、億り人になれるたった1つの方法。

ま、その方法は「あのブログを読んで実践せよ!」ってだけの話しなんだけどね。

 

内容をざっくり説明するとこんな感じ。

  1. 1万円を入金してコツコツトレード
  2. 自分に合った手法を身につける
  3. 原資を抜く
  4. すると、もし0になってももう損することはないから、攻めまくることができる!

 

たった1万円で”億り人”になれる可能性があるなら、やってみる価値はあるでしょ!

そして、その手法で実際に達成した人が言ってるわけだから、説得力もあるしね♪

 

、、、

 

ってわけで、

超小資本(10万円ぐらい)から、

暗号資産(仮想通貨)投資で、

”億り人”になるたった1つの方法はコレ!

 

このブログを読んで、実践すべし!

 → 桃的安全大儲取引修行法 – 桃ちゃんのブログ(仮)

 

 

 

ちゃお☆

 

伝説の7大投資家の「幼少期〜投資家として大成功するまで」過程や考え方が、短編でサクッとまとまってて、すごく良い!

f:id:nishinokazu:20180812132138j:plain

 

伝説の7大投資家

リバモア・ソロス・ロジャーズ・フィッシャー・リンチ・バフェット・グレアム

「幼少期〜投資家として大成功するまで」過程や考え方が、

短編でサクッとまとまってて、すごく良い!

 

、、、

 

伝説の投資家、7人のマネーマスター、

それぞれの投資家たちの思考や過程が、短編となってギュッっと凝縮された本。

 

自分の投資をふと振り返るとき、

自分の投資や投資方法を確認するとき、

自分の投資に迷いが出たとき、

この偉人たちの投資が短編にまとまった、この本はすごく重宝。

 

パラパラっとめくって、太字の言葉を読むだけでもOK!

それによって自分の投資を確認&確信できる。

オススメ!

 

、、、

 

ってわけで、

伝説の7大投資家

リバモア・ソロス・ロジャーズ・フィッシャー・リンチ・バフェット・グレアム

「幼少期〜投資家として大成功するまで」過程や考え方が、

短編でサクッとまとまってて、すごく良い!

 

 

ちゃお☆

 

「投資する」か「投資しない」の判断に迷ったとき、テレグラムやスラックの印象で判断する(場合はよくある)

f:id:nishinokazu:20180811133928p:plain

「投資する」か「投資しない」の判断に迷ったとき、

テレグラムやスラックの印象で判断する(場合はよくある)

 

、、、

 

昨日のブログ、

 → 「投資する」か「投資しない」の判断に迷ったとき、トップの人の表情で最終判断する(場合もある) - ニシカズのゲス戦略日記

が好評だったから、第二弾。

 

 

暗号資産(仮想通貨)投資で、なんとなーく気になった暗号資産のテレグラムやスラックにはとりあえず入ってみる。

 

で、気になったことは遠慮しないで、じゃんじゃん質問する。

で、投資判断することはよくある。

 

特に何を見るのかというのはコレ!

「ファウンダーや管理者などのそのコミュニティーを仕切っている人の、返答内容や対応」

 

んで、

「これは”ない”な〜」「投資するのやめとこ〜」

となるのは↓こんなケース。

  • 言論の統制がある
    (例えば、その暗号資産のマイナスになるかもしれない事柄やニュースについて、気になるから記事から引用などして質問したときに、いきなりこちらのコメントをアドミンなどから削除される)
  • 質問して、その返答の内容が自分なりに納得いかない、しっくりこない
  • 質問などしてコミュニケーションをとってみた結果、(なんとなーくだけど)性格が悪い、儲けることしか考えてない

 

そしてこれの精度は、かなり高い!

そーゆートップの人やコミュニティーから”なんとなく嫌な感じ”を受けるプロジェクトって、最終的になんとなくそんな感じになって、成功しないことが多いんだよね。

,,,本当にテレグラムやスラックなどからなんとなーく受けた印象は、そのプロジェクトの将来性を判断するのに役立つよ。

 

、、、

 

ってわけで、

「投資する」か「投資しない」の判断に迷ったとき、

テレグラムやスラックの印象で判断する(場合はよくある)

 

 

ちゃお☆