ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!

ニシカズのゲス戦略日記

旅人ゲス仮想通貨投資家 × ゲスお兄さんYouTuber

 

「ASEAN DECENTRALIZED 2.0」 行ってきたから、写メ!(内容はべつに面白くもなんともないよ)

f:id:nishinokazu:20180906164824j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906164947j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906165128j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906165140j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906165252j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906165312j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906164932j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906165232j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906165042j:plain

 

f:id:nishinokazu:20180906165059j:plain

 

,,,

 

「ASEAN DECENTRALIZED 2.0」なるものが、

2018年9月3日,4日に、マレーシアのクアラルンプール市で開催された。(入場料無料)

ってわけで、ちょっと寄ってみた。

 

感想としては、こんな感じかな。

「あまり熱気がないなー」

 

人はある程度は入ってたんだけど、スピーカーや各ブースの人たちからは、あまり熱気が感じられなかった。

「とりあえずやってます」みたいな感じ。

(あくまでも個人的印象)

 

 

カンファレンスの内容としては、

トークンエコノミー、ICO、ICO規制、ブロックチェーンの応用、お金について,,,

などなど。

 

ま、つまり視点を変えれば、

これだけ大々的に仮想通貨のカンファレンスをやれちゃうくらい、マレーシアは仮想通貨に対して前向き!

って取ることもできる。

 

ま、そんなこんなで、

タダ飯を食べておいて、このカンファレンスの文句を言うのは悪いから言わないけど、

マレーシアがだいぶ前向きに仮想通貨に対して取り組んでることがわかったってことは、良かったよ。

 

 

ちゃお☆

 

ブロガーによる暗号資産(仮想通貨)のアフィ禁止、今後は日本での新規の資金大流入は期待できず!

f:id:nishinokazu:20180904054622j:plain

人材確保に悩む仮想通貨協会=自主規制確立へ他業種と争奪戦

ブロガーによる暗号資産(仮想通貨)のアフィ禁止される、

今後は日本での新規の資金大流入は期待できず!

 

,,,

 

ってわけで、

日本では暗号資産(仮想通貨)の自主規制の団体が設立され、

取引所は、これから基本的にこの自主規制団体に入ることになる可能性が高い。

 

そして、この自主規制団体は、

「ブロガーなどによる成果報酬型広告(アフィリエイト)での勧誘を禁止」

 

 

アフィリエイトを嫌うというか、嫌悪する人も多いけど、

ブロガーなどによるアフィリエイト広告からの、暗号資産(仮想通貨)へ新規に参入する人が多いのは事実なんだよね。

 

 

ま、そんなこんなで、

ブロガーによる暗号資産(仮想通貨)のアフィ禁止される、

今後は日本での新規の資金大流入は期待できず!

 

ま、暗号資産(仮想通貨)が本物であるなら、

本物の暗号資産の時価総額は長期では必ず伸びていくから、

ま、心配することはないよね。

、、、短期でウハウハできる可能性が下がったのは残念だけど。

 

 

ちゃお☆ 

 

仮想通貨界で「くっそイラついた件3つ」を振り返ってみる🙋‍♂️

f:id:nishinokazu:20180823132013p:plain

はじめに言っておくけど、

「これは、こーいった件があったからそれらは将来性がない、クソだ!って意味じゃない」

からね。

 

ただ単に「くっそイラついた、それはないだろ」って、その時に感じたってだけの事。

ま、誰しも失敗やミスすることはあるし、誰しも間違いをおかすこともあるからね。

 

 

,,,

 

今だから言える、

仮想通貨界で「くっそイラついた件3つ」🙋‍♂️

  1. リップル(XRP)の公式ツイッターからのカウントダウン買い煽り
  2. ネム(XEM)のオフィシャルブログからの買い煽り
  3. ブログやツイッターなどでICOをオススメしてリンクを貼って、その後は知らんぷりな人たち、、、

 

,,,

 

1.リップル(XRP)の公式ツイッターからのカウントダウン買い煽り

 

 

2017年の8月

  • 突如リップル公式ツイッターからの意味深なカウントダウン、買い煽りともとれるツイート
  • さらに、なぜかハッシュタグで「日本語で意味深な言葉」、買い煽りともとれる言葉
  • そしてそのカウントダウンの結果は、カンファレンスのお知らせ

さすがに「それはないだろ」って思った。

 

 

2.ネム(XEM)のオフィシャルブログからの買い煽り

 

2018年の3月、ネムのオフィシャルブログから、コインチェックのハッキングXEM盗難事件の経過について、発表があった。

  • 「コインチェックのハッキング事件の盗難XEMを追跡する為につけていたマーク(tracking mosaic)を外す」と発表
  • そして残念ながら結果的には盗難されたXEMをなんともすることができなかったのにもかかわらず、
    「コインチェックでXEMを88円保証で返還されたユーザーは、今なら(価格が下がってるから)3倍のXEMを購入できるよ」と買い煽りともとれる言葉
  • そして翌日にバイナンスに上場

さすがに「それはないだろ」って思った。

 

 

3.ブログやツイッターなどでICOをオススメしてリンクを貼って、その後は知らんぷりな人たち、、、

 

ま、ICOについては、ずっと定期的に文句を言ってる。笑

もちろんクソみたいなICOがイチバン悪いけど、それを紹介した人も責任がある。

  • 始めからスキャムだったけど、それを見抜けずに紹介してしまうこともある
  • まじめな運営でも、プロジェクトが失敗することもある
  • まじめに開発してても、価格が低迷してしまってるプロジェクトもある

理由はいろいろとあるだろーけど、オススメして紹介してリンク貼ってリファラ報酬もらって「その後は知りません」って人やブログも多い。

さすがに「それはないだろ」って思う。

 

 

,,,

 

ま、振り返ってみると、

あきらかに日本人をターゲットにしたクソみたいな煽り

みたいな事が、引っかかるというか、イラついて思わずツイートしてるっぽい笑

 

で、最初もに言ったけど、

「これは、こーいった件があったからそれらは将来性がない、クソだ!って意味じゃない」

からね。

 

ただ単に「くっそイラついた、それはないだろ」って、その時に感じたってだけの事。

ま、誰しも失敗やミスすることはあるし、誰しも間違いをおかすこともあるからね。

 

ってわけで、

まぁ超温厚なオレ氏でも、さすがにそのときは「おいおいそれはないだろ」って感じたた件3つでした。

 

 

ちゃお☆

 

17億人超の「銀行口座を持つことができない人たち」のソリューションは「暗号資産(仮想通貨)」だ!

f:id:nishinokazu:20180822191657p:plain

 

17億人超の、銀行口座を持つことができない人たちのソリューションは、

「暗号資産(仮想通貨)」だ!

 

,,,

 

ってわけで、

銀行口座のない成人は世界で17億人超(2017年時点)

 → 銀行口座ない成人は世界で17億人超、最多は中国の2.2億人  

で、

これを解決する方法の1つが、暗号資産(仮想通貨)

だとオレ氏は考えてる。

 

これは、銀行口座を持つことができない人は、暗号資産を持てばいいですよーって話しじゃないよ。

つまりどういうことかというと、

なにもしなくても価値が下がっていく、自国のお金を信用することができない人たちが、

お金を防衛する手段の1つとして、暗号資産に換える。

そしてこれは結果として「銀行を利用していることと同じ」ような役割になりますよ!

って話し。

 

,,,

 

例えば、上のツイート引用にある「ベネズエラ」「トルコ」のように、

いま持っているだけで、そのお金の価値がじゃんじゃん下がってしまう国がある。

 → インフレ率100万%予想のベネズエラが96%の通貨切り下げと10万分の1のデノミ実施!

 → トルコ通貨急落:世界の株価下落 新たなリスク懸念

 

他にも、銀行口座を保有してない人口が多い国のTOP1,2「中国」「インド」

この2つの国でも、自国の通貨は不安定。

続く人民元安、チャイナ・ショック後に迫る低水準

 → インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及

 

 

こーいった国の人達、

銀行口座を持っていようが持っていまいが、手元の現金をビットコインなどの暗号資産に換えたいと考える人は少なからずいる。

ってか多い。

 

で、その中でも銀行口座を開設することができない人たち。

こーいった人たちでも、スマホのアプリをダウンロードすれば、すぐに暗号資産のウォレットを手に入れることができる。

 

そしてウォレットを手に入れたのなら、

あとは、暗号資産を仲介する人のもとに行ったり、暗号資産のATMを利用すれば、ビットコインなどの暗号資産を手に入れることができる。

ま、暗号資産の取引所を利用できるならそれがベストだけど、取引所を利用する(現金をデポジットする)には、銀行口座が必要な取引所もあるからね。

 

そしてその手に入れたビットコインなどの暗号資産(もしくは取引所にある暗号資産)、これを決済できる仕組みがあればOK。

例えば、暗号資産決済を受け入れてる店舗、そーいった支払いを可能にする仕組みや、

 → 「どんな請求書も仮想通貨払いが可能に」オーストラリアで取引所と請求書自動支払いサービスが提携 |

他にも、暗号資産のデポジット式のデビットカードなど。

 

,,,

 

ってわけで、

17億人超の、銀行口座を持つことができない人たちのソリューションは、

「暗号資産(仮想通貨)」だ!

 

 

ちゃお☆

 

過去1年間の、トップ30通貨ランキングの推移(四半期)を見て考える。

f:id:nishinokazu:20180821191854p:plain

過去1年間の、トップ30通貨ランキングの推移(四半期)

f:id:nishinokazu:20180821184936p:plain
引用元:https://assets.coingecko.com/reports/2018-Q2-Report/CoinGecko-2018-Q2-Report-JP.pdf

 

,,,

 

先日、CoinGeckoさんから「仮想通貨第2四半期レポート」が出た。

このレポート」、すべてのページにグラフやロゴが使われてて、むちゃ見やすい!

で、その中でも特に気になったのが、冒頭に挙げた図。

 

ま、所感としてはこんな感じ。

「力の強いやつは上位に残ってる感じかな」

 

ここで言う”力が強い”ってのは、将来性があって本物の暗号資産(仮想通貨)って意味ではないよ。

良くも悪くも”力が強い”って意味ね。

 

あと気になったのは、

ここ1年でトップ10入りした、新しい暗号資産は、EOSとADA

ここ1年でトップ10に、戻ってきた暗号資産は、XLM

 

これもEOSやADAやXLMが優れてるって言いたいわけじゃなく、

まぁ「力があるなー」って感じ。

 

そして、イチバン上の「Q3 2017 ランキング」からの推移を見てもらえばわかると思うけど、

上位から落ちてしまって、再度浮上するのはかなり難しい。

 

,,,

 

ってわけで、

過去1年間の、トップ30通貨ランキングの推移(四半期)を見て考える。

おしまい。

 

 

ちゃお☆

 

じゃんじゃん逃げろ〜!! それ以上もう頑張らなくていいぞ!!!

f:id:nishinokazu:20180820180405p:plain

オレ氏もこっち↑よりの思考

だから、「逃げるな」とか「頑張れ」みたいな言葉が好きじゃない🙋‍♂️

じゃんじゃん逃げろ〜!!

それ以上もう頑張らなくていいぞ!!!

 

,,,

 

「逃げるな」とか「頑張れ」など、

相手のためを思って、こーやって言う人、結構いるよね。

そして、こーいった言葉を言われて、耐えられないほど苦しい思いをしている人も多いってことに気づくべし。

 

そりゃね、あなたは「逃げずに」「頑張って」結果を出したりして、

あなたの人生にとって「これが正解だった!」と思ってるのかもしれないよ。

そしてね、あなたがその言葉をかけてる相手は、あなたとは別人なんだよね。

 

その人はその人、その人はあなたじゃない。

もしかしたらその人は、すでにあなた以上に「頑張ってる」のかもしれない。

もしかしたらその人は、すでにあなた以上に「逃げたい」気持ちを抑えて日々耐えてるのかもしれない。

 

あなたが、たとえ気軽に「逃げるな」「頑張れ」とった言葉をかけたとしても、

言われた本人にとっては、ずっと逃げずに必死に頑張って相当つらい思いをしていて、心が破裂してしまいそうな時期なのかもしれない。

 

そして、あなたみたいに強くないその人は、

心が限界に達して、もしかしたら自ら死を選んでしまうかもしれない。

だって、その人はその人、その人はあなたじゃないからね。

あなたがその言葉をかけてる相手は、あなたとは別人。

 

,,,

 

ってわけで、

「逃げるな」とか「頑張れ」みたいな言葉が好きじゃない🙋‍♂️

じゃんじゃん逃げろ〜!!

それ以上もう頑張らなくていいぞ!!!

 

 

ちゃお☆

 

世の中には3つのタイプのお金がある 、、、3つ目は仮想通貨など「人々のお金」

f:id:nishinokazu:20180818205202p:plain

 

,,,

 

大ベストセラー「金持ち父さん、貧乏父さん」 の著者、

お金にまつわるエキスパートの、ロバートキヨサキ氏

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

そのキヨサキ氏、実はアメリカの米ドルに対しては懐疑的。

そして、ビットコインの将来に関しては超ポジティブなんだよね。

 → ビットコイン支持者「金持ち父さん」キヨサキ氏、米ドルはスキャムと発言 | Cointelegraph

 

そして、そのキヨサキ氏が「世の中には3つのタイプのお金がある」として示した3タイプのお金が、コレ!

 

1つ目は「法定通貨である政府のお金」

2つ目は金や銀など「神のお金」

3つ目は仮想通貨など「人々のお金」

 

,,,

 

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)が発明されたことによって、

ついに「人々のお金」が、この世に誕生した。

 

そしてオレ氏は、こう信じてる人の内の一人。

『暗号資産(仮想通貨)は「人々のお金」になりうる!』

 

暗号資産(仮想通貨)が、本当に「人々のお金」かどうかは、まだまだ社会実験の途中。

、、、ついに誕生した「人々のお金」、見届けます。

 

 

ちゃお☆