ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!

ニシカズのゲス戦略日記

日本一の、ゲス仮想通貨投資家(2017年 0円→4億円達成!)

 

SBIバーチャル・カレンシーズの「メタタグ」を見てみると、、、!?

f:id:nishinokazu:20170521094358p:plain

 

まず結論!

・SBIバーチャル・カレンシーズさんのウェブページのメタタグに「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「SBIコイン」と入っている!

・つまりSBIバーチャル・カレンシーズさんは、これらの仮想通貨を取り扱う可能性が高い!

・つまり、、、

 

 

SBI バーチャル・カレンシーズ

f:id:nishinokazu:20170521080134p:plain

SBIバーチャル・カレンシーズ

 

SBIバーチャル・カレンシーズってのは、SBIホールディングスが新しく仮想通貨の交換・取引サービスを提供する新会社ね。

SBIホールディングスは、国内取引所のBitFlyerやリップルへの投資、世界の金融機関共同のR3への参加、などなど仮想通貨事業関係にはイロイロと積極的に動いてる。

 

つまり、わかりやすく言うと、

ちょー大手、ちょー信頼度が高い、

SBIさんが仮想通貨の取引所事業をスタートする!

(※2017年6月〜7月オープン予定)

ってことね。

SBIグループの仮想通貨取引所を運営する「SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社」WEBサイトオープン!! - ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます

 

 

メタタグとは?

「メタタグ」ってのは、ホームページの設定や情報を伝えるタグのことね。

ウェブページを作るときは「メタタグ」を使って、サイト情報を検索エンジン(Googleなど)のクローラーに伝える仕組み作るってわけ。

ただ、今はメタタグの「meta keywords」はグーグルやヤフーの検索エンジンには無意味だからSEO効果はない。

つまり、まぁ「私達はこのキーワードをアピールしたいんですわ」って感じの、意気込みだったり、おまじないみたいなもんだよ。

 

で、SBIバーチャル・カレンシーズさんのウェブページのメタタグの"keywords"がこれ。

f:id:nishinokazu:20170521092026p:plain

・ビットコイン(bitcoin)

・イーサリアム(ether)

・リップル(XRP)

・SBIコイン

 

つまり、

SBIバーチャル・カレンシーズは、

ビットコイン、イーサリアム、リップル、SBIコインを扱う可能性が高い!

 

 

注意点いくつか

注意点をいくつかね。

 

SBIの仮想通貨事業が「リップル」や「イーサリアム」を取り扱う可能性が高いってことは既に周知の事実

仮想通貨に参入してる人はだいたい知ってることだよ。

つまり、実際にSBIバーチャル・カレンシーズがオープンして、本当に「リップル」や「イーサリアム」を取り扱うことが確認されても、「リップル」や「イーサリアム」の爆上げはそんなに期待できないってことね。

知らんけど。

 

メタタグのキーワードはただのおまじない

メタタグに書かれてるからって100%決まったってわけじゃないよ。

取り扱わない可能性もあるからね。

逆に言えば、メタタグに書かれてない仮想通貨がリストさせる可能性もなきにしもあらず。

SBIさんが不意打ちで「XEM」なんかをリストさせたらそりゃあもう、、、

 

 

ってわけで結論!

・SBIバーチャル・カレンシーズさんのウェブページのメタタグに「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「SBIコイン」と入っている!

・つまりSBIバーチャル・カレンシーズさんは、これらの仮想通貨を取り扱う可能性が高い!

・しかしこれは周知の事実!

・つまり、、、あとは自分で考えろ!

 

 

え?なになに?

「なんの参考にもならねーよボケ!」

って??

 

「知るかボケ!」

 

ま、オープンしてからの買い需要は見込めるよ。

特に投資家や資産家から。

「SBIさんが扱ってる仮想通貨なら大丈夫でしょ!」みたいな感じにね。

テレビ広告とかもじゃんじゃん流すだろうしね。

 

 

まぁメタタグを見た個人的な感想としては、

「SBIコインってなんじゃそれ!」

って感じ。

「ビットコイン」とか「イーサリアム」とか「リップル」とかどーでもいい。

これしか頭に入ってこないですわ、、、(゚Д゚)ハァ?

 

 

チャオ☆