ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!

ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!

日本一のゲス仮想通貨ブロガー!グレープフルーツのような巨乳女を見た暑い夜に読みたくなる仮想通貨ブログ。0円→3,245万円

ビットコインデビットカードの、VANDLE CARD (バンドルカード)が便利すぎてヤバイ!超おすすめ!

f:id:nishinokazu:20170529080237p:plain

 

バンドルカード超オススメ!

f:id:nishinokazu:20170526080146p:plain

ビットコインのデビットカード、

日本で発行してるバンドルカードが超便利!

(クレジットカードのようにVisaカードの加盟店で支払いができるサービスね)

  • ビットコインでチャージできる!
  • 海外カードと比べて手数料が超激安!
  • アプリからボタン1つで超手軽にチャージできる!

 

こんな人には最強だよ。

日本国内のみの利用でOK!

コンビニはもちろん、アマゾンやネット決済でも使えるよ)

高額料金の決済は必要ない!

とにかく面倒くさいことが嫌だ!

 

f:id:nishinokazu:20170529071747j:plain

見た目もシンプルでオシャレで可愛い♪

 

とにかく一度、登録だけでもすべし!(無料)

絶対に便利さを感じることができる!

 

バンドルカードのホームページ(招待コード:6pwmph)

 

アプリをダウンロードして、この招待コード入れれば200円貰えるってよ。

iOSアプリ、Androidアプリ、どっちもこのホームページからいけるよー

 

 

はじめに

「ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨で利益を出してて、ビットコインで支払いをしたい!」

って人は多いよね?

けどね、ビットコイン支払いのデビットカードって作ったりチャージするのって面倒くさいんだよね(´;ω;`)

特に海外カード。

 

そんなこんなで、 

発見しました!バンドルカードって超便利なんですわ!

便利すぎて、便利すぎて、

f:id:nishinokazu:20170529062349j:plain

バンドルカードマンになっちまったゼ!

バンドルカードを使うようになってから、外出するときはスマホとバンドルカードしか持ち歩かないようになったよ。

 

 

まず、ざっくり比較

ってわけで、ビットコインデビットカード、その中でも特に人気のデビットカードの特徴を、まずはざっくり比較してみるよー

ちなみに、海外のカードだとビットコイン価格はドルベースの海外価格で換算される。

最近だと日本のビットコインはジャパンプレミアムがついてて、10%ぐらい価格が海外より高い。

つまり、海外のデビットカードだと、日本のビットコイン価格換算デビットカードより10%ぐらい損しちゃうってことね。

 

んで、各カードの詳細は下に書くけど、まずざっくり海外カードと日本のカードの特徴を書くよー。

 

【海外カード】

だいたい世界中で使うことができる!

世界各国のATMで現金を引き出すこともできる!

けど、

チャージ手数料が高い。(約3%)

カードを作ったりチャージもなんか面倒くさい。

ビットコイン価格が海外ベースのビットコイン価格で換算される。

 

【日本のカード】

ビットコインチャージだけど日本円決済として計上されるカードもある。(つまりカードによっては税金が発生するってことね)

ATMで現金を引き出すことができないカードもある。

けど、

チャージ手数料はかなり安い!(1%以下)

カードを作ったりチャージも簡単で便利!

ジャパンプレミアムのビットコイン価格で換算してお買い物ができる!

 

 

こんな感じで、人によって便利なカードは違ってくるんだよね。

ま、日本にいる人はとりあえずバンドルカードを使っておけばOK!

ここから下に詳細も書くけど、、、まぁ面倒くさいなら読まなくても大丈夫だよ。笑

 

 

人気の海外カード

【Wirex】
→ https://wirexapp.com/

f:id:nishinokazu:20170529080721j:plain

海外カードだと今のところWirexが1番人気っぽい。

世界中で利用できて、ATMから現金を引き出すことも出来る。

日本在住でも手に入れることができるしね。

 

ただ、カード作るまでがちょっと手間だし日数がかかるし、作るのにお金が必要(約$17)

手数料も高い(3%)

その他の細かい手数料も、なんかちょっとわかりづらい。

 

※追記

すみません。Wirexカードも多くのアルトコインに対応してました。

「Augur」「Bitshares」「Nlackcoin」「clams」「counterparty」「Dash」「Digibyte」「DigixDao」「Dogecoin」「Ether」「EtherClassic」「Factoids」「LBRYCredits」「Litecoin」「Monacoin」「Namecoin」「Novacoin」「Nubits」「Nxt」「Peercoin」「Reddcoin」「Ripple」「Shadowcash」「Siacoin」「SingulardTV」「Startcoin」「Steem」「StorjX」「Vertcoin」「Voxels」「Zcash」

 

 

【UQUID】
→ https://uquid.com/

f:id:nishinokazu:20170529080832j:plain

UQUIDは最近人気がでてきてるみたいだね。

Wirexと同じく、世界中で利用できて、ATMから現金を引き出すことも出来る。

もちろん日本在住でも手に入れることができる。

けど1番大きな特徴は、多くのアルトコインからのチャージにも多く対応してるってことだね。

f:id:nishinokazu:20170526081219p:plain

 

けどやっぱり、カード作るまでがちょっと手間だし、作るのにお金が必要(約$17)

アルトコイン建ての利用だと、さらにもうちょっと手間。

手数料も高い(3%)

その他の細かい手数料なんかも、ちょっとわかりづらい。

 

 

人気の日本のカード

【マネパカード】
https://card.manepa.jp/

【バンドルカード】
→ https://vandle.jp/

 

2つまとめて書く。

マネパカードはZaifと連携してる。

バンドルカードはコインチェックと連携してる。

つまり、それらの取引所にビットコインを入れておけば、簡単にカードにチャージできるってことね。 

 

んで、個人的に日常使ってるのはバンドルカードだから、ここからはバンドルカードについて。

マネパカードの詳細はマネパカードのサイトを見てね。

 

バンドルカードのいいところは、とにかく面倒くさいない!

アプリをダウンロードすれば、すぐバーチャルカードが発行できて利用できる!

で、コインチェックと連携すればチャージも超簡単!

つまり、ネット決済利用だけなら即利用できる!

実店舗で使いたいならカード発行を申請する必要あるけど、それもアプリから簡単に申請できるし、手数料も海外と比べたら激安(300円)

 

チャージ時の手数料もたったの0.7%ぐらいだってよ(※0.5%-0.7%ぐらいって話し)

→ どれがいい?ビットコイン の デビットカード 使ってみた【 バンドルカード 】【 UQUID 】【 Wirex 】

海外のカードだと手数料3%だからこれはでかい。

 

海外カードと日本カードの手数料の差額、

トータル10万円使ったら約2,300円

トータル100万円使ったら約2万3,000円

さらにこれに、ビットコインのジャパンプレミアム価格も加わってくるから、利用できる料金チャージの段階でもだいぶ違ってくる.

つまり、

トータル10万円の買い物だと1万2,300円

トータル100万円の買い物だと12万3,000円

お得度が違ってくる(今だとジャパンプレミアムは約10%)

 

良くない点はこれ

  • 上限が低い(月間のチャージ上限12万円)
  • 国内のみの利用しかできない
  • ATMから現金を引き出すことができない
  • VISA加盟店でも、たまに利用できないお店もあるみたい

 

これが気にならない人は、とりあえずバンドルカードでいいよ!

とりあえず、バンドルカードマンになっておけばいいよ!

マジでおすすめだよ!

以上!

 

 

チャオ☆

 

 

ここで紹介した、カードのサイトやアプリなどのリンク

 

【カード】

バンドルカード(招待コード:6pwmph)

マネパカード

Wirex

UQUID

 

【取引所】

Coincheck(コインチェック)

Zaif(ザイフ)