ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!

ニシカズのゲス戦略日記

旅人ゲス仮想通貨投資家エバンジェリスト

 

あまりにも露出が多かったり、ブログなどで紹介されてるICOトークンは、 売り圧が大きい可能性が高いから気をつけるべし!

f:id:nishinokazu:20180816165134p:plain

もし誰かがブログでICOやトークンを紹介してたら、

その人はガッツリとトークン報酬をもらってる可能性もある。

そしてそーいったプロジェクトは、他の人や取引所やアフィリエイトなどにも、そのトークンをばらまいてる可能性もある。

つまり、あまりにも露出が多かったり、ブログなどで紹介されてるICOトークンは、

売り圧が大きい可能性が高いから気をつけるべし!

 

,,,

 

ってわけで、昨日ツイッターのダイレクトメッセージで、

某トークン・プロジェクトから、いきなりこんなメッセージが来た。

f:id:nishinokazu:20180816165210p:plain

たった1記事書けば、100万円(ぶんのトークン)の報酬!

 

、、、 ちなみに、このことを自慢したいわけじゃないよ。

じゃあ何が言いたいのかと言うと、

まぁ冒頭に書いた通り、こんな感じ。

 

もし誰かがブログでICOやトークンを紹介してたら、

その人はガッツリとトークン報酬をもらってる可能性もある。

そしてそーいったプロジェクトは、他の人や取引所やアフィリエイトなどにも、そのトークンをばらまいてる可能性もある。

つまり、あまりにも露出が多かったり、ブログなどで紹介されてるICOトークンは、

売り圧が大きい可能性が高いから気をつけるべし!

 

つまり例えば、

とあるプロジェクトが100億うんこトークンを、無から100億発行する。

そして”報酬”と言って、運営はそのうんこトークンのマーケティングの為に合計50億うんこトークンを無償で配る。

すると、うんこトークンをもらった人が宣伝したり、うんこトークンを無料でもらった取引所が上場したりして話題になる。

うんこトークンが1円の値段をつける。

すると、無償配布した50億うんこトークン(50億円)と、運営が保持してる50億うんこトークン(50億円)、あわせて100億円の売り圧力があるとこになる。

 

、、、ま、当たり前のことで当然すぎる話しだよね。

暗号資産トークンってのは、ほんとどの場合その価値の保証に何の裏付けもなく、運営が”無”から好きなだけ発行できるものだからね。

 

けど、熱くなりすぎてて「このトークンはすごい!」って盲目になってると、ついついそーいったことに頭が回らなくなる。

手を出す前に、もう一度こーいったことを考えるべし。

 

 

ちゃお☆