ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!

ニシカズのゲス戦略日記

旅人ゲス仮想通貨投資家エバンジェリスト

 

RIZAPは188倍!リーマン危機から10年、日本企業「株価上昇率」ランキングを見て、考えてみよう。

f:id:nishinokazu:20180915145936p:plain

【ここ10年の株価上昇率】

1位は、RIZAP、1万8000%以上の上昇率

2位は、100円ショップ大手のセリア

3位は「眼鏡業界のユニクロ」と称されるジンズ

4位は、人材紹介のジェイエイシーリクルートメント

5位は、カラオケボックスのコシダカHD 

f:id:nishinokazu:20180915143345j:plain

リーマン危機から10年、日本企業「株価上昇率」ランキング500(井上 哲男) | マネー現代 より

 

,,,

 

ってわけで、この記事の内容やデータが興味深かった。

 → リーマン危機から10年、日本企業「株価上昇率」ランキング500(井上 哲男) | マネー現代

 

興味深かったことは、大きく2つ

  1. 思っていた以上に、ここ10年の株価の伸び率は高かった
  2. 伸び率が高い上位の業種が、なんか意外だった

 

 

1.思っていた以上に、ここ10年の株価の伸び率は高かった

ま、これは上の図を見れば明確だよね。

 

伸び率1位のライザップの株価は、10年間で約188倍に。

伸び率50位あたりの会社でも、10年間で約17倍。

 

これは期待値を考える上で重要。

(期待値の重要性についてはこれ見て)

→ 「お金」や「投資」について基本的なことをサクッと復習しよう!『いま君に伝えたいお金の話 』村上世彰(著) - ニシカズのゲス戦略日記

 

けど、この話しは株価だけの期待値の話しじゃないよ。いろいろなマーケットも合わせた期待値の話しね。

つまり、株価、株式投資だけの期待値の話しじゃなくて、株式市場の状況や仮想通貨(暗号資産)市場のマーケットの状況や、その他のマーケットの状況、その中で自分の期待値に見合ったマーケットを考える上で重要ってことね。

 

ま、例えば、

もしあなたが、日本の株式市場に強かったり、約10年後にもその会社は強く伸びているという自信があったり、ある程度の投資額を持っているので約10倍のリターンで十分と考えていたり、10年という期間でもべつに問題ないと考えていたり、、、

などなどする場合は、

リスクを取る投資より株式投資の方が適してる可能性があるよってことね。

 

 

2.伸び率が高い上位の業種が、なんか意外だった

なんか意外だった。

 

もうちょっと派手というか、RIZAPみたく勢いが見えるような会社が上位を埋め尽くしてる思ってた。

けど2位以下は、100円ショップだったり、眼鏡業界のユニクロだったり、カラオケだったり、なんとなーくパッと見は華々しい感じはしないよね。

 

けど、こういった業種が、ここ10年の日本では大きく成長したってことを頭に入れておくのは重要。

 

,,,

 

ってわけで、

RIZAPは188倍!

リーマン危機から10年、日本企業「株価上昇率」ランキングを見て、考えてみよう。

 

おしまい。

 

 

ちゃお☆